ミケランジェロ 天使 絵画 4, 運命の人 占い 完全無料 5, Ddr サントラ 一覧 7, 工作 エレベーター 簡単 6, Paper By Wetransfer 課金 4, 大学 後悔 2ch 19, Fifa 能力値 ランキング 16, チャン スンジョ 耳 41, ベビービョルン One Air 口コミ 7, 戻りたい 英語 スラング 6, Hg トールギス3 改造 16, パク イェジン 結婚 11, ゆうちょ リヨウキヨク 42595 4, Line 嫌 われ た 4, カイジ 借金 グラフ 5, 三井ホーム 浴室 リクシル 7, Outlook 絵文字 白黒 39, デリカd2 ソリオ 違い 14, ドライブレコーダー ナビ連動 必要 4, ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒ� 10, Golden Road ~best~ Rar 13, パワハラ 訴える その後 7, 結婚できない男 動画 9tsu 4, クズに なりたい 2ch 6, 蒲郡 天気 過去 13, 虹 合唱 中学生 4, ウイン カーネリアン 一口 13, カナウ 占い 姓名判断 4, 本 仮屋 ユイカ 沖縄 6, " /> ミケランジェロ 天使 絵画 4, 運命の人 占い 完全無料 5, Ddr サントラ 一覧 7, 工作 エレベーター 簡単 6, Paper By Wetransfer 課金 4, 大学 後悔 2ch 19, Fifa 能力値 ランキング 16, チャン スンジョ 耳 41, ベビービョルン One Air 口コミ 7, 戻りたい 英語 スラング 6, Hg トールギス3 改造 16, パク イェジン 結婚 11, ゆうちょ リヨウキヨク 42595 4, Line 嫌 われ た 4, カイジ 借金 グラフ 5, 三井ホーム 浴室 リクシル 7, Outlook 絵文字 白黒 39, デリカd2 ソリオ 違い 14, ドライブレコーダー ナビ連動 必要 4, ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒ� 10, Golden Road ~best~ Rar 13, パワハラ 訴える その後 7, 結婚できない男 動画 9tsu 4, クズに なりたい 2ch 6, 蒲郡 天気 過去 13, 虹 合唱 中学生 4, ウイン カーネリアン 一口 13, カナウ 占い 姓名判断 4, 本 仮屋 ユイカ 沖縄 6, " />

kubernetes マスターノード ワーカーノード 11

問題を報告する If you have a specific, answerable question about how to use Kubernetes, ask it on 先日、ラズパイで15台のワーカーノードからなる中規模Kubernetesシングルコントロールプレーンクラスター を構築したことの紹介と構築方法などをまとめた『ラズパイで作る中規模Kubernetesクラスター』という記事を投稿しました。, 今回、Raspberry Piを使用した高可用性Kubernetesクラスター を構築しましたのでその紹介と共に構築方法などの知見の共有するため、全5回 に渡って記事を投稿していきたいと思います。, 本稿はその 第1回 であり、Raspberry Piを使用した高可用性Kubernetesクラスターのアーキテクチャー に関して説明していきます。, Raspberry Piで高可用性Kubernetesクラスターを構築するための手順とビルド用スクリプトをこちらのGitHubリポジトリにまとめましたので合わせてご覧ください。, * なお、ご自身でクラスターの構築を行う場合、本リポジトリ上のスクリプトを使用して頂いても構いませんが、これらスクリプトにはなんの保証もありません Learn more. # firewall-cmd --reload, # firewall-cmd --new-zone k8s --permanent このような冗長化手法は、何らかの原因によって稼動状態のシステムコンポーネントに障害が発生したとき、待機状態のシステムコンポーネントを稼動状態へと切り替えることによってシステムの稼働を継続させることができるため、システムの可用性を高めることができます。, 本アーキテクチャーでは、仮想IPアドレス(VIP)の引き継ぎ機能やVRRPによるサーバの死活監視機能、サービスのヘルスチェック機能などを提供するソフトウェアであるKeepalivedを利用することで アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサ を構築します。, 高可用性ラズパイKubernetesクラスターの構築例を示すにあたり、下記に示すネットワーク構成を想定しました。, クラスターの操作に関するAPIリクエストを受け取るアクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサのIPアドレスとして仮想IPアドレスである 192.168.3.240/24 を割り当て、ポート番号9000番をリスニングポートとして利用することにします。, アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサのコンポーネントとして稼働する2台のロードバランサに対してはIPアドレスとして、 192.168.3.241/24 と 192.168.3.242/24 を割り当て、また、リスニングポートに対する受信パケットの流入を許可するために9000番ポートを開放することにします。, アクティブ/アクティブ冗長化構成Kubernetesマスターノード群のコンポーネントとして稼働する3台のマスターノードに対してはそれぞれ 192.168.3.251/24 と 192.168.3.252/24 、192.168.3.253/24 を割り当てることにします。, * Raspberry Pi上にKubernetesクラスターを構築する環境を整える場合、ラズパイで作る中規模Kubernetesクラスターを参考にすることを推奨します。, 第2回では、アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサの構築 を行っていきます。. As of this date, Scribd will manage your SlideShare account and any content you may have on SlideShare, and Scribd's General Terms of Use and Privacy Policy will apply. クラスターに関する情報をマスターノード間で共有する必要がある NAME STATUS ROLES AGE VERSION KubernetesをオンプレミスあるいはPC内での学習環境で動かす際には、クラスターにcloud container managerはありません。, kube-controller-managerを使用すると、cloud-controller-managerは複数の論理的に独立したコントロールループをシングルバイナリにまとめ、これが一つのプロセスとして動作します。パフォーマンスを向上させるあるいは障害に耐えるために水平方向にスケールする(一つ以上のコピーを動かす)ことができます。, ノードコンポーネントはすべてのノードで実行され、稼働中のPodの管理やKubernetesの実行環境を提供します。, クラスター内の各ノードで実行されるエージェントです。各コンテナがPodで実行されていることを保証します。, kubeletは、さまざまなメカニズムを通じて提供されるPodSpecのセットを取得し、それらのPodSpecに記述されているコンテナが正常に実行されている状態を保証します。kubeletは、Kubernetesが作成したものではないコンテナは管理しません。, kube-proxyはクラスター内の各nodeで動作しているネットワークプロキシで、KubernetesのServiceコンセプトの一部を実装しています。, kube-proxyは、Nodeのネットワークルールをメンテナンスします。これらのネットワークルールにより、クラスターの内部または外部のネットワークセッションからPodへのネットワーク通信が可能になります。, kube-proxyは、オペレーティングシステムにパケットフィルタリング層があり、かつ使用可能な場合、パケットフィルタリング層を使用します。それ以外の場合は自身でトラフィックを転送します。, Kubernetesは次の複数のコンテナランタイムをサポートします。 前 マスター・ノードの設定 : ホーム Oracle ® Linux Kubernetesで使用するOracle Linux Container Servicesユーザー・ガイド : 上 Kubernetesで使用するためのOracle Linux Container Servicesのインストール : 次 1.1.9を1.1.12にアップグレード If you wish to opt out, please close your SlideShare account. Looks like you’ve clipped this slide to already. アクティブ/アクティブ構成とは、同じ機能を持つシステムコンポーネントを複数用意し、これらのコンポーネントを常に同時に稼動させるようなシステム構成をとる冗長化手法の一つです。 # systemctl start kubelet, # kubeadm init --apiserver-advertise-address 192.168.81.50 --pod-network-cidr 10.240.0.0/16, # mkdir -p $HOME/.kube Dockerをちゃんと使おうと考えていたらKubernetesに出会いました。ERPのシステム開発でkubernetesを使おうとして苦労した、あるいは現在進行形で苦労していることを、そもそもKubernetesが解決しようとしている課題やそのアーキテクチャそのものにも言及しながらお話します。Dockerをベースにシステム設計を行おうとしている方にノウハウ(主に苦労話)を共有します。 July 24th, 2016 July Tech Festa 2016. See our Privacy Policy and User Agreement for details. クラスターの操作に関するAPIリクエストを各マスターノードのkube-apiserverに振り分ける必要がある, 本アーキテクチャーでは上記の項目に関する対処方法に対して、以下の方法を採っています。, 1.に関しては、マスターノード同士がetcdクラスター上に情報を保存することでKubernetesクラスターに関する情報を共有させます。 # sed -i -e "s/^SELINUX=enforcing$/SELINUX=disabled/g" /etc/selinux/config, # firewall-cmd --new-zone k8s --permanent Configuring your kubernetes cluster to self-host the control plane, kubesprayを使ったオンプレミス/クラウドプロバイダへのKubernetesのインストール, IBM Cloud Privateを使ってマルチクラウドでKubernetesを動かす, Guide for adding Windows Nodes in Kubernetes, 終了したリソースのためのTTLコントローラー(TTL Controller for Finished Resources), HostAliasesを使用してPodの/etc/hostsにエントリーを追加する, ボリュームの動的プロビジョニング(Dynamic Volume Provisioning), Organizing Cluster Access Using kubeconfig Files, Resource Bin Packing for Extended Resources, Compute, Storage, and Networking Extensions, Configure GMSA for Windows Pods and containers, Configure RunAsUserName for Windows pods and containers, Configure a Pod to Use a PersistentVolume for Storage, Configure a Security Context for a Pod or Container, Liveness Probe、Readiness ProbeおよびStartup Probeを使用する, Translate a Docker Compose File to Kubernetes Resources, Configure Default Memory Requests and Limits for a Namespace, Configure Default CPU Requests and Limits for a Namespace, Configure Minimum and Maximum Memory Constraints for a Namespace, Configure Minimum and Maximum CPU Constraints for a Namespace, Configure Memory and CPU Quotas for a Namespace, Change the Reclaim Policy of a PersistentVolume, Control CPU Management Policies on the Node, Control Topology Management Policies on a node, Guaranteed Scheduling For Critical Add-On Pods, Reconfigure a Node's Kubelet in a Live Cluster, Reserve Compute Resources for System Daemons, Safely Drain a Node while Respecting the PodDisruptionBudget, Set up High-Availability Kubernetes Masters, Declarative Management of Kubernetes Objects Using Configuration Files, Declarative Management of Kubernetes Objects Using Kustomize, Managing Kubernetes Objects Using Imperative Commands, Imperative Management of Kubernetes Objects Using Configuration Files, Update API Objects in Place Using kubectl patch, Define a Command and Arguments for a Container, Expose Pod Information to Containers Through Files, Distribute Credentials Securely Using Secrets, Inject Information into Pods Using a PodPreset, Specifying a Disruption Budget for your Application, Coarse Parallel Processing Using a Work Queue, Fine Parallel Processing Using a Work Queue, Use Port Forwarding to Access Applications in a Cluster, Minikube上でNGINX Ingressコントローラーを使用してIngressをセットアップする, Developing and debugging services locally, Extend the Kubernetes API with CustomResourceDefinitions, Use an HTTP Proxy to Access the Kubernetes API, Externalizing config using MicroProfile, ConfigMaps and Secrets, Interactive Tutorial - Configuring a Java Microservice, 例: PHP / Redisを使用したゲストブックの例にロギングとメトリクスを追加する, 例: Persistent Volumeを使用したWordpressとMySQLをデプロイする, Running ZooKeeper, A Distributed System Coordinator, Restrict a Container's Access to Resources with AppArmor, Restrict a Container's Syscalls with Seccomp, Kubernetes Security and Disclosure Information, Well-Known Labels, Annotations and Taints, Contributing to the Upstream Kubernetes Code, Generating Reference Documentation for the Kubernetes API, Generating Reference Documentation for kubectl Commands, Generating Reference Pages for Kubernetes Components and Tools, ja-docs: fixes for broken links. Open an issue in the GitHub repo if you want to 2 0 1 6 年 7 月 2 4 日 井 上 誠 一 郎 Raspberry Piがクラスターとして稼働するための最低限の周辺機器で構成されており、初期設定済みであること, kubeadmとkubelet、kubectlがマスターノードとワーカーノードにインストールされており、Kubernetesクラスターを構築する環境が整っていること, you can read useful information later efficiently. # sysctl -w net.bridge.bridge-nf-call-ip6tables=1 exclude=kube* or 2. k8s-master NotReady master 2m19s v1.12.1, # kubectl apply -f "https://cloud.weave.works/k8s/net?k8s-version=$(kubectl version | base64 | tr -d '\n')&env.IPALLOC_RANGE=10.240.0.0/16", # kubectl get nodes k8s-master Ready master 4m38s v1.12.1, # kubeadm join --token {token} {ip}:{port} --discovery-token-ca-cert-hash sha256:{hash}, # kubectl get nodes コンテナ環境のモニタリングやセキュリティ対策を一気通貫で提供、世界300社以上に採用が進むSysdigの真価, コンテナ領域で存在感を強めるNGINX、OpenShiftとの親和性でKubernetes本番環境のセキュリティや可用性を追求, CNDT 2020にNGINXのアーキテクトが登壇。NGINX Ingress ControllerとそのWAF機能を紹介, DXの実現にはビジネスとITとの連動が必須 ― 日本マイクロソフトがBizDevOpsラウンドテーブルを開催, Azureとのコラボレーションによる、これからのワークスタイルとは― Developers Summit 2020レポート, runC vs. cc-runtime vs. kata-runtime?コンテナランタイムの内部構造と性能比較, Project CalicoをKubernetesで使ってみる:ネットワークポリシー編, ホスト型とハイパーバイザー型の違いは何?VMware vSphere Hypervisor の概要. APIサーバーはKubernetesコントロールプレーンのフロントエンドになります。, Kubernetes APIサーバーの主な実装はkube-apiserverです。 # chown $(id -u):$(id -g) $HOME/.kube/config, # kubectl get nodes そこで、コントロールプレーンを複数用意することでマスターノードに対して冗長化構成をとり、あるマスターノードが故障した場合でも他のマスターノードがクラスターの管理を継続することを可能にすることで単一障害点をなくし、高可用性クラスターを実現させることができます。, 本アーキテクチャーでのKubernetesマスターノード群は アクティブ/アクティブ構成 を採ることで冗長化させます。 Thanks for the feedback. # cp -i /etc/kubernetes/admin.conf $HOME/.kube/config 改善を提案. Kubernetes CRI (Container Runtime Interface) アクティブ/アクティブ構成で冗長化された アクティブ/アクティブ冗長化構成Kubernetesマスターノード群 と Kubernetesワーカーノード群 で構築されたクラスター、そのクラスターのkube-apiserverに対するAPIリクエストを複数のマスターノードに分散させるためのアクティブ/スタンバイ構成で冗長化された アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサ です。, Kubernetesワーカーノード群はKubernetesマスターノード群によってスケジューリングされたPodを動作させます。, アクティブ/アクティブ冗長化構成Kubernetesマスターノード群の構築、アクティブ/スタンバイ冗長化構成ロードバランサの構築が完了したらワーカーノードをクラスターに参加させ、ワーカーノード群を形成します。, Kubernetesワーカーノード群の構築に関しましては高可用性Kubernetesクラスターの構築に直接的に関与しないため、ワーカーノードをクラスターに参加させる方法、クラスターの動作検証の方法などについては言及しません。 NAME STATUS ROLES AGE VERSION ワーカーノードは、アプリケーションワークロードのコンポーネントであるPodをホストします。コントロールプレーンは、クラスター内のワーカーノードとPodを管理します。本番環境では、コントロールプレーンは複数のコンピューターを使用し、クラスターは複数のノードを使用し、耐障害性や高可用性を提供します。, このドキュメントでは、Kubernetesクラスターが機能するために必要となるさまざまなコンポーネントの概要を説明します。, すべてのコンポーネントが結び付けられたKubernetesクラスターの図を次に示します。, コントロールプレーンコンポーネントは、クラスターに関する全体的な決定(スケジューリングなど)を行います。また、クラスターイベントの検出および応答を行います(たとえば、deploymentのreplicasフィールドが満たされていない場合に、新しい Pod を起動する等)。, コントロールプレーンコンポーネントはクラスター内のどのマシンでも実行できますが、シンプルにするため、セットアップスクリプトは通常、すべてのコントロールプレーンコンポーネントを同じマシンで起動し、そのマシンではユーザーコンテナを実行しません。 アクティブ/スタンバイ構成とは、同じ機能を持つシステムコンポーネントを複数用意し、ある一つのコンポーネントだけを稼働状態とし、他のコンポーネントは待機状態にしておくようなシステム構成をとる冗長化手法の一つです。 If you have a specific, answerable question about how to use Kubernetes, ask it on WalB: Real-time and Incremental Backup System for Block Devices, Jenkins 2.0 最新事情 〜Make Jenkins Great Again〜, No public clipboards found for this slide.

ミケランジェロ 天使 絵画 4, 運命の人 占い 完全無料 5, Ddr サントラ 一覧 7, 工作 エレベーター 簡単 6, Paper By Wetransfer 課金 4, 大学 後悔 2ch 19, Fifa 能力値 ランキング 16, チャン スンジョ 耳 41, ベビービョルン One Air 口コミ 7, 戻りたい 英語 スラング 6, Hg トールギス3 改造 16, パク イェジン 結婚 11, ゆうちょ リヨウキヨク 42595 4, Line 嫌 われ た 4, カイジ 借金 グラフ 5, 三井ホーム 浴室 リクシル 7, Outlook 絵文字 白黒 39, デリカd2 ソリオ 違い 14, ドライブレコーダー ナビ連動 必要 4, ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒ� 10, Golden Road ~best~ Rar 13, パワハラ 訴える その後 7, 結婚できない男 動画 9tsu 4, クズに なりたい 2ch 6, 蒲郡 天気 過去 13, 虹 合唱 中学生 4, ウイン カーネリアン 一口 13, カナウ 占い 姓名判断 4, 本 仮屋 ユイカ 沖縄 6,

  • لا توجد منتجات في السلة