レッツゴー ボウリング ロケ 地, スマホ決済 キャンペーン 10月, 長渕 富士山 なんj, 子供 登山 おすすめ, 左利き 有名人 偉人, 楽天ペイ 楽天edy 統合, アクリル絵の具 グラデーション 簡単, カーズ ジョジョ アニメ, リップル リアルタイム チャート, カーズ ジョジョ アニメ, 日本 海外の反応 まとめ, エヴァ 真紅 保留 セフィロト, 日ハム 二軍 選手一覧, 大阪 府 大阪市北区梅田 1 1 3 大阪 駅前 第3ビル 3f, プロスピa ポジション別 ランキング, レイジー サンデー モーニング 似てる 香り, ジョジョ 2部 矛盾, 浴衣 裁断 寸法, 智弁和歌山 優勝メンバー 1997, 紅 歌詞 意味, Pso2 ユニット 8スロ 移植, コザクラインコ 鳴き声 ピッ, ユニーク 役職 名, 聖 剣 エクスカリバー, 犬 しっぽ 振る, 中国語 物語 サイト, Amazon Dポイント 反映, 中学 陸上 標準記録 2019 東京, 六本木 プロポーズ 夜景, スピッツ 優しいあの子 北海道, スピッツ 優しいあの子 北海道, 2008 年 全 中 陸上, " /> レッツゴー ボウリング ロケ 地, スマホ決済 キャンペーン 10月, 長渕 富士山 なんj, 子供 登山 おすすめ, 左利き 有名人 偉人, 楽天ペイ 楽天edy 統合, アクリル絵の具 グラデーション 簡単, カーズ ジョジョ アニメ, リップル リアルタイム チャート, カーズ ジョジョ アニメ, 日本 海外の反応 まとめ, エヴァ 真紅 保留 セフィロト, 日ハム 二軍 選手一覧, 大阪 府 大阪市北区梅田 1 1 3 大阪 駅前 第3ビル 3f, プロスピa ポジション別 ランキング, レイジー サンデー モーニング 似てる 香り, ジョジョ 2部 矛盾, 浴衣 裁断 寸法, 智弁和歌山 優勝メンバー 1997, 紅 歌詞 意味, Pso2 ユニット 8スロ 移植, コザクラインコ 鳴き声 ピッ, ユニーク 役職 名, 聖 剣 エクスカリバー, 犬 しっぽ 振る, 中国語 物語 サイト, Amazon Dポイント 反映, 中学 陸上 標準記録 2019 東京, 六本木 プロポーズ 夜景, スピッツ 優しいあの子 北海道, スピッツ 優しいあの子 北海道, 2008 年 全 中 陸上, " />

宇宙six 目黒 ブログ 最後 15

何男までいるのですか?, 嵐がやってる「嵐ジオ」ってなんですか?? そして2020年10月2日には、残った4人のうち1人が、闇スロット店に通う「違法賭博」に関わったとしてジャニーズ事務所の契約を解除。, そこでコチラの記事では「宇宙sixから脱退したメンバーの脱退理由は?3人となった現在の活動も」についてご紹介していきます。, 2020年10月現在「江田剛さん」「松本幸大さん」「原嘉孝さん」の3人のグループとなっていますが、結成当初は6人でした。, ジャニーズアイドルとしては異例で、結婚を理由にグループを脱退し、ジャニーズjr.も卒業しています。, 2020年6月20日、一般女性との結婚をファンにあてたブログで報告した林翔太さん。, 結婚相手の奥様は、かねてより7年間交際していた林翔太さんより8歳年上の当時38歳の女性。, 当初ネット上では、ジャニーズjr.のデビュー前の脱退、そしてその理由が結婚であることに衝撃の声が多く寄せられていました。, 目黒蓮さんは2016年11月に「宇宙six」結成メンバーとなったあと、2019年1月には「Snowman」へも途中加入しています。, 当初は2つのグループを兼任していましたが、2019年8月8日に行われたジャニーズJr.の東京ドームの公演を最後に、「宇宙Six」を脱退。, しかし、4人のうち1人・山本亮太さんの不祥事により、ついには3人になってしまうように。, 2020年10月2日に、闇スロット店に頻繁に通っていたことが「違法賭博罪」にあたるとして、ジャニーズ事務所から契約解除の宣告を受けてしまいました。, 山本亮太さんは、自分のことを「亮ちゃん」と呼ぶ”愛されおバカキャラ”でしたが、目黒蓮さんのグループ脱退が原因で荒れはじめていった、と言います。, 山本くんは目黒くんが脱退することを事務所から聞かされておらず、ファンと同時に知ったといいます。それまで、目黒くんは『僕は宇宙Sixも兼任で続けたい』と言っていたんです。そのことを山本くんが事務所幹部に問い詰めると、『脱退は目黒の意思だからさ』とバッサリ。, 引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/162248ba110f03f900bf0cf1da51cab813c404da?page=2, その後年齢30歳を迎えるも、デビューすることが叶わないまま今回の「闇スロット」問題が発覚。, 山本亮太がんばった方だよ…素行悪すぎてデビューできなかったのか、単に選ばれなかったのか分からないけど。30までがんばった, — molaeちゃん (@baetothemoon) October 2, 2020, 守ってあげられなくてごめんね。 そんな目黒蓮さんといえば、気になる問題がありました。 SnowMan加入して二人とも関ジュと宇宙six兼任して頑張ってるんやろ? 注目してみた(*’ ’). 子供に行為を見られました。シングルです。 ジーコと目黒くんが何したって言うん? 泣いて笑った東京ドーム公演から数日経ったわけですが、今の気持ちを書き記しておこうと思います。, さて、Twitterで繋がっている方の中には私の古巣がSnowManだということを知っている方もいると思いますが、あえて明言はしてこなかったので地雷の方はUターンお願いします。, タイトル通り、私は今回のドーム公演を機に、完全にSnowManを降り、宇宙Six一本でやっていきます。と言いつつもほとんど気持ちはもう宇宙にしかないので今更すぎる宣言ですが、それが私なりのけじめであり、原さんの担当を始める時にいつか来るであろうこの時をそのタイミングにすることをずっと心に決めていたからです。, 元はと言えば宇宙Sixを知った最大のキッカケはSnowMan加入の一件でした。当時ばりばりのスノ担だった私は、長年やってきたメンバーになぜこのタイミングでテコ入れが必要とされたのか。メンバーそれぞれが、外部での主演舞台やその他のお仕事を経て、力をつけて来ているのは明確だったのにどうして?と思っていました。しかも加入してくるメンバーの1人は既存のユニのメンバー。そして兼任。しかもユニのセンターということもあり、他のメンバーはもちろん『ユニット(グループ)』という視点から見れば大切過ぎる存在だったと思います。その彼を、なぜSnowManに。スノ担からしても目黒をはじめ残りの2人が加入することに賛成の声が多いということはなく、むしろ批判的な声の方が多かったと思います。, 加入発表から数ヶ月。評判を聞いて気になっていたので観に行った『のべつまくなし』でたまたま隣に座っていて話しかけたお姉さんが松本さんの担当でした。話の流れで担当の話になり、気まずさを覚えながらもスノ担であることを名乗りました。お姉さんは思うところはあるようでしたが、これが宇宙を知ってもらえるキッカケになれば良い。ととても前向きな考えを持っている方でした。公演後、いろいろと話す内に「でも目黒はうち(宇宙)のセンターだから。」と言われた一言がずっと忘れられずにいました。, それから1ヶ月。ずっと連番をしてきた友人が目黒が気になると言い始めました。とすれば私も今後宇宙の現場にもお邪魔することになるなあと軽い気持ちで見始めた局動画やISLAND TVで好きになったのが今の担当である原さんでした。そして、勢いのままチケットを抑え観に行った『桃山ビート・トライブ』で正式に担当になることを決意しました。, そしてまた1ヶ月。この期間には段々とスノ担視点ではなく宇宙担としての視点で事態を捉えるようになりました。兼任という形を取らせておきながらいつだって優先されるのはSnowMan関連の仕事。その仕事も、9人になったから良かったと思わせるためとしか思えない増員を機にした急な推され具合。目黒に関してはもといた場所の仕事を蔑ろにしてまで新規加入したユニ仕事を優先しなきゃいけないってなんなんだろうってずっと思っていました。そしてSnowManの仕事を素直に喜べなくなりました。スノ担だらけのTLで自分だけが取り残されているように感じていました。, そもそもがスノ担だっただけに、原さんを推すと決めた時には背徳感で死にそうでした。勝手に責任を感じて勝手に申し訳なくなって、ひどい話だとは思いますが自分を責めながら応援してきました。でももう今は違う。, 8月8日、東西Jr.300人超えによるドーム公演。あの場所で、自分はたしかに原担をしていました。双眼鏡越しに追っていたのはいつだって原さんで、宇宙のみんなで。同時に目にすることがなかったからわからなかったけどもう自分の中での答えは出ていました。そんな中、追い討ちをかけるように発表されたスノスト同時デビュー。それに対して公演開始から5人で揃うことすら許されなかった宇宙Six。MCにも呼ばれなかった。こんなに仕事が控えているのに。, 芸能界ってむごい世界だとはわかってて、努力したからって必ず報われる訳じゃないし、推されがいればその逆だっている。それはもう当たり前に自覚してたけどそれにしたって。, せめて最初の登場ぐらいは宇宙Sixとして出て欲しかった。最後だってわかってたなら尚更。途中でデビュー発表するなら公演の終わりはSnowManとして出た方が都合良かったんでしょ?じゃあ最初ぐらい一緒で良かったじゃん。なんでオリ曲の時だけ揃わせたの?最後だから?その最後っていうのだって結局は後出しでしかなくてあの場にいれなかったオタクだって山程いるんだよ。前もって最後って聞いてたら行ってたとかそういう話ではなくて、でもやっぱり解散ライブ、脱退ライブっつーの?5人揃った5人だけの単独コンサートを観せてほしい。じゃなきゃ消化できないよ。個人的には宇宙担になって初めてのコンサート現場だったこともあり、不安の募る一方、めちゃくちゃ楽しみにしてた。何の曲やるんだろ、誰とコラボするんだろって。うちわも作って、グッズも買って。, でもそこで観たのは、圧倒的推されとの差でしかなくて。オリ曲の時だって推されの時とは違って周りのオタクもみんな座って休憩モード。コラボだって、何回も出てるタレントがいる一方で(目黒をSnowManと換算すれば)うちゅめどから選抜されたのは原さん1人だけ。この公演のためだけにわざわざ地方公演の合間縫って来てるタレントだっているんだよ。次の日だって舞台あるんだよ。コンサート終盤。トロッコに乗って移動するスノストの隣で花道を笑顔で手を振りながら歩いている宇宙の4人を見て泣いた。今これを打ちながらも思い出して泣いている。, どこかで最初からきっとこうなることはわかってて。仮にデビューしなかったとしてもいつかは兼任が解かれることは明確だったと思う。きっとファンもメンバーもわかってたけど、それでも敢えて5人であることを強調して、口に出して、言い聞かせてやって来たのに最後はこんなにもあっけなくて。, 最大多数の最大幸福が良しとされる世界なのかもしれないけど、私はこの結末を受け入れることはできない。大好きだったSnowMan、大好きな宇宙Six。何が悔しいって全部全部誰も悪くないんだよ。スノ担として、悔しかった増員。何年も同じメンバーでやって来たのに急なテコ入れで入ってきたメンバーの統一性もない。年齢も元いた場所もバラバラで。なんなら既に居場所のある人間もいた。今でも思う。誰が幸せになる事案だったんだろうって。, でも、SnowManはオリメンの6人は残った。人数は増えて売り方や体制が変わっても残った。それに対して宇宙Sixは、5人は、解体された。こんな時だけ事務所の対応は早くて、アー写からもブログからもたった2日で目黒の名前は、写真は消えた。元いた場所はこっちだったのに。デビュー決定の発表はしたとはいえ正式にデビューするのは来年なのに。実質 兼任っぽいことはほとんどしてなかったとはいえ確かに籍はあったのに。, タイトルから既に残酷だと思った。ふざけんなって思った。悔しくて悲しくて。でも宇宙が出来た日もTheyの結成日だったんだよね。私はその場にはいなかったけど、They武道という長い歴史に終止符を打って、新しいメンバーを迎えて、名前を変えて、宇宙Sixになって。その後林くんが抜けて、やっと5人で固まってきたところ、今度は目黒が抜けて。しかも他のユニに新メンバーとして引き抜かれて。りょちゃんと江田さんの気持ちを考えたら…って思うのに2人は笑ってて。原さんも松本さんも。みんな笑顔で。動画内のりょちゃんが「目黒がデビュー決まりました!」って。なんでそんなこと言えるの?なんでそんなに強いのって。みんなもそうだよ。おめでとうとかいってらっしゃいとかなんで言えるの。って思うけど、今に始まったことじゃないんだよね。思い返せばいつだって4人は笑って、5人で宇宙Sixしようねって言ってた。なんでこうなっちゃったのかな!わかんないね!原さんが呟いた「おれらの分まで」って言葉が聞き流せなくて。たぶんね、もうデビューすることはないって思ってんだろうね。自分の夢も相方に託したんだろうね。深読みかもしれないけどそうなんじゃないかなあ。でも私はデビューが全てだとは思わない。てかデビューに固執するなら推されの担当やるわ!って感じだし、私はステージに立つ担当を見ることが、そこに価値があると思ってるからデビューなんて極論出来なくても良いんだよ。, この動画、めっちゃ伸びてるよね。普段はどんなにいいねとリツイートしても人気者たちの足元にも及ばないのにこんな時だけ伸びるんだもん。こんな時だけブログとか読んで「宇宙良い人すぎる」とか「これから応援する」って言うんだもん。元いた場所だから言わせてもらうけど身勝手だよ。じゃあ担当のいない現場に来れんだなって思うしこんな時だけ綺麗事言ってんじゃねえよ。これもそれも全部美談になると思えば許せないしこの半年どんな気持ちでいたと思ってんだよ。とか言っても、それはすのサイドにも言えることなのは担当してた自分が一番わかってんだけどね。, なんか長々と書いてきたけど、私はSnowManが嫌いなわけでも宇宙Sixが嫌いなわけでも、目黒が嫌いなわけでもないから!!言うなればこんなむちゃくちゃなことやってきた事務所に怒ってるよ。でもその事務所がなけりゃ今の担当はこの業界にいないわけで。この事案がなければ原嘉孝に出会うことも、宇宙Sixに出会うこともなかったわけで。だから複雑なんだよ。どこにぶつけりゃ良いんだよって思うけど、宇宙についていくって決めたからには彼らが思うようにしたいんだよ。優しすぎる人たちだから、林くんにそうだったように「宇宙Sixと林翔太を宜しくお願いします!」だったのが「宇宙Sixと林翔太と目黒蓮とSnowManをお願いします!」に変わるだけなんだろうし、変わらず「うちの目黒が〜〜」とか言っちゃうんだろうね!ほんとに強いよね。, でもその強さも含めて惹かれたから、自分も強くなろうと思う。目黒もSnowManも応援はする。でも私は宇宙Sixを選ぶよ。どこまでも強くて優しい4人とこれからを歩んでいきたい。, とりあえず今は出来ることをなんだってやりたい。時間がとかお金がとか言ってられないんだよね。後から何を言ったってifの話にしかならないんだったら、とりあえず今はやって後悔したい。, 泣くのはこれっきりにしよう。崩れた化粧でドロドロになったグッズのタオルは洗濯して、みんなに協力してもらって買った団扇は大事にしまって。そうやって心の整理もしようと思う。, mainichionikuさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 2017年。ジャニーズを、ジャニーズJr.を好きになって少しの頃、先にジャニオタをしていた姉が、あるものを買ってきた。名前は『ヘアREMIX2018』これに乗ってる宇宙Sixがかっこいいんだよ!!姉にそう言われるがまま、私は素直にその雑誌のページを捲った。そこにはキラキラと輝く6人が載っていて、びっくりしたのと同時に惹かれたのを覚えている。その時までは宇宙Sixの存在は把握していたけど、認識しきれていなくて、かろうじて知っていたThey武道の知識からりょうちゃん、江田さん、林さんはなんとか認識していた。後の3人はさっぱり知らないまま。そんな状態の中で、この雑誌と出会えたのは奇跡だと思う。ファッション雑誌なこともあり、ビジュアルは最強。内面を知らないのにも関わらず、そのとんでもない輝きに私は迷いなく手を伸ばした。それが、私と宇宙Sixの出会いだった。ビジュアル最強の6人の中で、一番惹かれたのが目黒蓮くんだった。クールそうな見た目にこの人だ!と思った。そうして、宇宙Sixを知った私は少ない情報をかき集めて彼らを知ろうとした。その頃にはもう湾岸がやっていたと思うけど、Jr.担はおろかジャニーズそのものが1年生だったので湾岸には参戦はできなかった。テレガイの6人を見てかわいいと思ったりしながら、どんどん宇宙Sixと目黒蓮を好きになっていった。知れたことは多くない。人脈もなければそもそもの情報源がたくさんあったわけではなかったので、知れたことは断片的だったが、楽しかった。そんな中で、宇宙Sixの連載が始まることが決定した。初めてのブログ。まだ慣れない様子の文章を読みながら、本格的に始まったらどうなるんだろうと胸を踊らせた。その時は目黒くんはめぐさんただよぉとか言っていたのでちょうどクリスマスシーズンだったのだろう。年末、来年宇宙Sixが30-Deluxさんと初単独主演舞台をやると告知されて2017年は終わった。そうして年は明け、Jr.祭り2018が発表されたりと年始から忙しい中、私は大きなミスを犯した。その時はお金に余裕がなかったのと、目先のJr.祭りに集中してしまったためにその舞台の申し込みをしなかったのである。申込期間当初はなんともなかったものの、せめて物販だけでも行こうとないお金をかき集めていった時、一番後悔した。その時はクリアファイルの他に台本を購入したのだが、ストーリーが最高だったのである。中で会計待ちしている間に聞こえる劇場での声を聴きながら、なんで私はこれをちゃんと見ようとしなかったんだろうととても後悔した。 それと同時期に、林さんの脱退が発表された。まだ知って一年も経ってないのに。そんな寂しい思いを抱えていた時、目黒くんが更新してくれたブログが私を励ましてくれた。どんな言葉も受け止める。そんな器の大きさが人として惚れた。不器用だけど、嘘偽りのないまっすぐな言葉。私は彼がもっと好きになった。それは4月5日の出来事である。春はあっという間に過ぎて8月がやってきた。サマパラは自名義が全滅したので絶望的だったのだが、ご縁があり、宇宙Sixの単独をお譲りしていただいたのだ。立ち見の席で、少し見づらかったけどあの時のことは一生忘れない。湾岸でやった曲をやりつつ、先輩の曲やサーデラさんに貰ったオリ曲、そして、KAT-TUN兄さんに貰った新曲。共通の曲もあったのにも関わらず最初から最後まで結構ハードなセトリだった。私はずっとテンション上がりっぱなしでパフォーマンスを見た。新曲はバックについたツアーでは仕事の都合で5人で揃うことが難しかったため、サマパラが初めて5人での披露だ。イントロが流れ、ステージで構える5人を、力強く『UNIVERSE』を歌い上げる5人を見て、とっても昂った。それは死ぬほどかっこよくて、眩しかった。宇宙Sixが、どんどん好きになっていく。MCでは仲良しなことを実感しつつ、みんなかわいいななんて思ったりして、すっごく楽しいライブだった。私はあの場所で初めて宇宙Sixがアイドルしてるのを見た。それでもっともっと好きになった。, 宇宙Six好きになってよかったなぁ。そう強く思った日だった。それぞれ舞台の出演が決まったりしながら、また慌ただしく一年は終わり、また年が明けた。2019年1月17日。あの日のことも、私は一生忘れない。目黒くんが、Snow Manに兼任になった日。あまりのショックに翌日寝込んでしまったくらいには衝撃的な出来事だった。学生だったからよかったが、社会人の人はもっと大変だっただろうと思う。混乱して、咀嚼するのに精一杯で。ネガティブになることはなかったし、目黒くんを含め3人も好印象だったため、自分ではもう飲み込めたつもりだった。だが、2月5日に出たブログを読んで私は嫌な感情を抱いて、ブログまで書いてしまった。今思えば、私はまだ飲み込みきれていなかったのだろう。ブログの内容を理解出来ず、彼に当たってしまった。容赦ない誹謗中傷の雨を受けながらの言葉を、どうして素直に捉えてあげられなかったか、ちゃんと味方になってあげられなかったかなと今は少し後悔している。私は宇宙Sixだけではなかったために耐えられたが、宇宙Sixだけだった人はずっと辛かっただろう。Snow Manとっては+になることでも、宇宙Sixに+になるとは到底思えないし、そもそもこのまま5人がどうなるかも分からない。目黒くんが林くん脱退時に一番声を上げていたこともあり、恨みを買うことも少なくはなかった。思えばこの頃から彼は他の人にはない重たいものを背負わされていたのだと思う。そうしてまだ落ち着ききっていないなかで30-Deluxさんとの第2弾のコラボである『のべつまくなし』が決まった。4人は出演、目黒くんは声のみとなった。申し込んだ時は外れてしまったものの、一般でチケットを取ることができたので今回は観劇した。ここで去年の後悔が役立った。良くないわけないんだから絶対行ってやるという気持ちで、バイトで稼いだお金で躊躇なくチケットを買った。ちょうど『のべつまくなし』が始まった辺りからSnow Manの方で『Ride on Time』の密着が始まった。それぞれを決意を聞く中、もう後には退けないんだなと思った。兼任することの責任、Snow Manとしてやっていく決意。そこにいるのは私が好きになった目黒くんだった。その頃には、たとえどんな結末になったとしても目黒くんを信じようと腹を括ったのである。その間に私はSnow Manの単独、滝沢歌舞伎を見に行った。なんとか当たったチケットで見る初めての生でのSnow Man、初めての滝沢歌舞伎。Snow Manの一員として胸を張ってステージに立つ彼はとても誇らしげでそこに迷いや怯えは一つもなかった。彼は南座、新橋演舞場両方の千秋楽まで難なく走り切った。逃げたくなるような逆境の中、彼は逃げずに実力を100%以上発揮し、ファンに認められたのだ。そして『のべつまくなし』の観劇日。そこでとんでもないミラクルに遭遇した。こんな時になんだが、その時の見学が目黒くんだったのだ。(ちなみにその時は深澤さんと佐久間も一緒だった)私は運良く席が近く、観劇している様子を見ることができた。目黒くんは自分の台詞を聞いて恥ずかしそうにしたり、原ちゃんが来て大笑いしていたりととても楽しそうに観劇していた。カーテンコールでは4人に呼ばれたりして、また忘れられない思い出が増えた。もちろん、4人も最高だった。キャラの個性を活かしつつもそれぞれの良さが光る演技と歌だった。他の演者さんも最高だったので見に行ってとてもよかった。私の回ではなかったが、後に千秋楽で林くんとタイミングを合わせて来た時に5人で新曲を披露して、カーテンコールでは6人でステージに立ったという話を聞いてびっくりした。脱退すると疎遠になってしまうという勝手なイメージがあった為、そんなことありえるんだと思ったのと同時にとても嬉しかった。6人の絆は永遠なんだって思うことができたから。後にその時のことをりょうちゃんがテレファンでこうを言っていた。「俺は一生、翔太を舞台に上げ続けるよ。宇宙が揃ったときはね。いつまで上げ続ける?って言われたらなんでいつまでもだよって」(略省)その言葉が物凄く沁みた。ああ、りょうちゃんの中では、宇宙Sixの中では今でも林さんはメンバーなんだ。同じステージに立つ仲間なんだ。そう思えたことがどれだけ希望を見出してくれたか。ISLAND TVで楽しそうに6人で宇宙Sixです、とポーズをするのを見て、宇宙Sixは永遠にこのメンバーなんだって思った。5人と林くんは別れたわけじゃない。ただ離れた場所でやっているだけなんだと。この一年の中で、彼が導き出した答えがこれだ。そこに辿り着くまでにどれだけ悩んだのだろう。2018年の滝沢歌舞伎では目黒くんを通さないと会話できなかったりょうちゃんが、出した答え。皆も同じだったから、あのコラボが実現したのだ。私には、もうそれだけで十分だった。たとえもう同じステージで同じ曲を歌うことはないとしても、その事実さえあれば、6人が繋がっていればそれでいいと思った。そのくらい、この出来事は印象に残っている。そうして今日。目黒蓮はSnow Manのデビュー発表と共に宇宙Sixの兼任を解除された。目黒くんなら兼任だって上手くやってくれる。そう言いながらもどこか思っていた。いつか決断しなければいけない日が必ず来ると。だってどんなに頑張っても目黒くんは1人しかいない。分身できないから、どっちかに比重を傾けるしかない。そうして事務所は彼にSnow Manの仕事を与えた。りょうちゃんを筆頭に4人はずっと5人でライブがしたいと言い続けていたが、それに反比例するように個人の舞台でのお仕事がたくさん決まっていく。今日はそんな5人がようやく宇宙Sixできる日であった。5人でISLAND TVを撮ったのを見る中、どこかこんな風になるんじゃないかと思う自分がいた。宇宙Sixとして大切な日。りょうちゃんがそう言った時からずっと。今日が一区切りつく日なんだってことを無意識的に悟っていた。会見によればSnow Manと同時デビューするSixTONESは6月末頃からデビューすることを知っていたそうだが、宇宙Sixのメンバーはいつからその事を知っていたのだろう。いつから別れを意識し始めていたのだろう。私がこんなことを思っているのは公演が終わった後のことで、始まる前は久々の5人をとても楽しみにしていた。そうして、本編が始まり、宇宙Sixが出てきた。そこにはちゃんと宇宙Sixとして衣装を来た目黒くんが4人と一緒にステージに立っていた。凄く嬉しかった。Snow Manとしてもステージに立つ姿は本当にかっこよかった。MCでSnow ManとSixTONESのデビューが報じられた。マジか?!なんて思いつつ、実感がイマイチわかないまま、配信を見ていた。スノストでやってから他の各グループでのメドレーにて、MADEの次に来た宇宙Sixが披露したのは『UNIVERSE』だった。私の中ではこの日一番の盛り上がりだった。短かったけど、5人がようやく宇宙Sixができた瞬間だった。仲間たちに囲まれ、最高と叫んだ姿はとてもいきいきしていて、見ていてとても嬉しかった。終演後に上がったあるレポを見て、胸に込み上げてきたものがあった。それは、keep onでのこと。反対側から歩いてきた目黒くんに4人が彼とハグをしたというものだ。笑顔で祝福する兄たちと、最後の最後少し躊躇いながらも目黒くんに促されて強くハグした原ちゃん。それだけで5人が今まで気付いてきた関係性が見えた気がした。そこにもきっと色んな葛藤があっただろう。それにも関わらず、4人は末っ子の新たな門出を祝ってくれた。どうでもよければ、祝いたくなければ、わざわざ抱き着いたりなんかしないのだ。色んな思いを抱えながらも、心から祝福してくれた。それが嬉しかった。宇宙Sixって最高だな、そう思った。もっともっと好きになった。そんな中、理不尽に告げられた兼任解除。確かに、デビューするならこれからどうするんだろうとは思った。けれどこんなあっさり、こんな短く終わるとは思わなかった。そこに恨みや怒りはない。けれどとても寂しい。やっと5人で宇宙Sixできたのに。12月にライブをやるかもしれないという話もあったのに。のべつまくなしだって続編が決まったのに。宇宙Sixでやれることはこれからたくさんあったはずなのに………Jr.はつくづくこういうのは理不尽だなと思う。美勇人の件もそうだったが、別れはいつだって唐突だ。きっとそのうち本人から声明も出るだろうが、こんなおめでたい日のはずなのに最後の最後で事務所はとんでもないことをしてくれたなと思う。その別れが、本人の口からではなく会見の流れでというのが嫌だ。そんな軽々しいものではないのに。本人にも記者にもそんなつもりはないのだろう。解除されるのは遅かれ早かれ事実なのだ。今更変に隠す必要もない。でもそれがこのタイミングというのが最悪だった。TLの宇宙担が苦しんでいるのを見るとこっちまで辛くなってくる。誰も悪くないのだ。最後まで宇宙Sixを捨てまいと兼任を選んだ彼も、降りかかる理不尽に耐え続けてきた宇宙担も。でも、こんな終わり方じゃあ、誰も納得できないじゃないか。宇宙Sixを捨てたんだと目黒くんを恨むしかなくなるじゃないか。負の連鎖は終わらないじゃないか。どうしてくれるんだよ、事務所のお偉いさんよ。今日この日から、目黒くんはとても重たい十字架を背負わされることになる。別離から生まれる負の感情でできた十字架をきっと何年も。これからは、その彼をSnow Manのメンバーが支えていくのだろう。でも忘れないでほしい。宇宙Sixという場所が、5人の仲間たちがいたことを。たとえ表記が外れても、目黒蓮はいつまでも宇宙Sixのメンバーだってことは、きっと揺るがない。だってそれを、りょうちゃんが教えてくれたから。宇宙Sixがある限り、宇宙Sixは6人なのだ。私は宇宙Sixの中で、柔らかく笑う末っ子の目黒くんが好きだ。マイペースにえだりょを愛で、幸大くんに可愛がられ、原ちゃんにツンデレする君が、今までもこれからも大好きだ。それは変わらない。 6人だろうが、5人だろうが、4人だろうが、私は目黒くんが愛した宇宙Sixをこれからも好きで居続ける。だって、目黒くんだけじゃなく、りょうちゃんも江田さんも、幸大さんも、原ちゃんも大好きだから。目黒くん、デビューおめでとう。そして、宇宙Sixのセンターとしていてくれて、私を宇宙Sixに繋げてくれてありがとう。これからも応援し続けます。, sorasaku2さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

レッツゴー ボウリング ロケ 地, スマホ決済 キャンペーン 10月, 長渕 富士山 なんj, 子供 登山 おすすめ, 左利き 有名人 偉人, 楽天ペイ 楽天edy 統合, アクリル絵の具 グラデーション 簡単, カーズ ジョジョ アニメ, リップル リアルタイム チャート, カーズ ジョジョ アニメ, 日本 海外の反応 まとめ, エヴァ 真紅 保留 セフィロト, 日ハム 二軍 選手一覧, 大阪 府 大阪市北区梅田 1 1 3 大阪 駅前 第3ビル 3f, プロスピa ポジション別 ランキング, レイジー サンデー モーニング 似てる 香り, ジョジョ 2部 矛盾, 浴衣 裁断 寸法, 智弁和歌山 優勝メンバー 1997, 紅 歌詞 意味, Pso2 ユニット 8スロ 移植, コザクラインコ 鳴き声 ピッ, ユニーク 役職 名, 聖 剣 エクスカリバー, 犬 しっぽ 振る, 中国語 物語 サイト, Amazon Dポイント 反映, 中学 陸上 標準記録 2019 東京, 六本木 プロポーズ 夜景, スピッツ 優しいあの子 北海道, スピッツ 優しいあの子 北海道, 2008 年 全 中 陸上,

  • لا توجد منتجات في السلة